サイト管理者
過去記事一覧

サイトマップ
TOP

洗顔後のスキンケアでは失われた水分を補うためのスキンケアアイテムと…

顔を洗った後の肌のスキンケアでは水分を補うためのスキンケアアイテムとして化粧水が広く使用されています。けれども、化粧水だけでケアを終わらせるのではなく化粧水をつけた後に軽く油分を補う目的で乳液などを使用して保湿をすることもすごく大事なケアと言われています。人間の肌では肌が乾燥しないように汗は水分の、皮脂は油分の役目をしています。しかし、年齢とともに分泌される量が減っていくためそれぞれにスキンケアをして補う必要があります。乳液にもいろんな種類がありますが、顔用・体用と裏に記載のあるものならボディミルクでも代用できます。適度な油分を与えるには十分だと思います。顔にも使用できる成分の、ボディミルクは、様々な部位につけることができますので経済的です。さらに、乾燥肌で悩んでいる人は、そこに加えて水分が飛ばないように、油分が多めのクリームを活用することもオススメです。


吹き出物(ニキビ)が発生した時、吹き出物ができる場所が…

吹き出物(ニキビ)ができるとき、吹き出物ができてしまう箇所がたいてい似たようなところに集中してできると感じることはありませんか?もし、毎回髪の毛とお肌の境界や耳に近い部分といった顔の周囲に吹き出物(ニキビ)ができてしまうなら、いつものスキンケアの手法でも洗顔の際のすすぎ残しが要因となっている可能性もあります。なぜかというと、泡を流すとき忘れてしまいがちなのが、もみあげの部分や顔まわりだからです。100%すすぎをしたつもりでも洗顔フォームの成分が残って吹き出物やニキビができてしまう可能性もあります。洗顔したときは、すすぎ残しがないかどうかをしっかり確認してみましょう。


山や海など、野外での遊びで万が一、虫に刺されてしまった場合は…

レジャーでもしも、虫に刺されてしまった場合は、すばやく、ひどくならないように適切な対処をするのように心がけましょう。私たちの生活圏内とは異なり自然に恵まれたところでは色々な虫が何種類かいるので、人間が刺されるととても危険度の高い虫もたくさんいます。だから、刺されないためのスキンケア対策以外にも、アウトドアをする際の予備知識として先立って虫刺され対策を知っておくことが大切なんです。もしも、大型の虫に刺されると、アレルギー反応などが強く出てしまうこともあって、治るのにそこそこの日数がかかってしまう場合もあるのです。


関連のないことのように思えますが、吹き出物(ニキビ)ができることと水分摂取は…

一見関係のないことのように思えますが、吹き出物と水分摂取は、実はとても関係しています。吹き出物のきっかけとなるのは、いろいろですが、その一つに肌の代謝が悪い、ということです。代謝が悪いと、自然に剥がれ落ちるはずの角質が肌に蓄積されるのです。その古くなった角質が毛穴に溜まることで炎症を起こして吹き出物(ニキビ)ができるわけです。そして、水分が充分に摂れていないとリンパや血流が停滞するため代謝が悪くなると言われています。要するにニキビを完治させるには充分に水分を補い代謝機能を改善することがとても大事です。加えて、吹き出物(ニキビ)を治すためだけではなくバランスのいい肌を作るためにも大切といえます。


肌を新しくするのを担う大事なターンオーバーがうまくいっていない…

古い肌を新しくするのに作用する欠かせない働きを持つターンオーバーという働きが正常に機能していないと、剥がれていくはずの角質が剥がれ落ちずにお肌の表面に蓄積されていき、ごわつきやくすみ、及び、角栓などによるイチゴ鼻の原因となります。こういった状態の改善のために、酵素洗顔を取り入れている方もいらっしゃると思います。ごわつきやくすみが改善されるのなら、と日頃から使用したくなる気持ちもわかります。しかしながら、ごわつきやくすみが改善されるからといって、過剰な酵素洗顔には注意する必要があります。酵素系の洗顔料にはタンパク質に対して働きかける酵素が含有されています。肌細胞はタンパク質で構成されているため、必要以上に酵素洗顔を行うと健康な肌細胞にも作用して傷つけてしまうケースがあり、結果的に、肌が保湿機能を失った状態になってしまうのです。角質が原因の肌トラブルを改善したくても酵素洗顔料を使用しての洗顔は週に一回、多くても二回のペースで使用するのが望ましいです。


日々、朝と晩の一日2回顔をきれいに洗っていても肌の表面を触るとざらっとしたも・・

毎日毎日朝起きた時と、夜寝る前の顔をきれいに洗っていたとしても肌の表面を触ってみるとざらつきを感じることがありますが、このざらっとしたものは古い角質です。古くなり固くなった角質が、皮膚の表面にたまってしまっていることが、主要な原因となります。この古くなり固くなった角質に関しては普通の洗顔石鹸や水道水では完全には落ちないため、古くなった角質をきれいに落とすにはスクラブ洗顔をするのが効果的です。スクラブでケアをすることで古くなった角質がきれいにはがれて、ざらつきは消えます。また、このスクラブ洗顔はわざわざ買うまでもなく自分で一瞬にして作ることができます。スクラブに必要な材料は塩です。普段使っている洗顔石鹸に塩を混ぜればできあがりです。塩で作るとライトなスクラブができてお肌もツルツルになります。


日常の生活で、何回も繰り返し洗顔剤を使い、顔を洗う…

日常の生活で、何度も洗顔剤を使い、お顔を洗っていけば肌がきれいになっていくのではと思いがちです。ですが、洗顔を行うのは基本的に朝と夜の2回行えば、洗顔本来の目的である汚れを落として肌表面を清潔な状態に保つことは十分に可能です。逆に何度も何度も洗ってしまうと、かえって肌がダメージを受けて、結果、乾燥肌を引き起こしてしまう一番の要因となってしまいます。乾燥肌を招くのは、肌にとって必要不可欠な自然のバリアともいわれる皮脂が顔を洗いすぎることによって流れ落ちすぎてしまうからです。朝はぬるま湯を使ってライトな洗顔をし、そのあときちんと保湿します。そして夜は洗顔料をしっかり使い顔をきれいにしたら保湿をムラなくしておきます。この地味なようにも見える繰り返しこそが、実は美肌になれる、確実な方法なのです。


サイト管理者
過去記事一覧

サイトマップ